バーベキュー・クッキング用品

おすすめダッチオーブン20選

家族とわいわいたのしむキャンプが主流でしたが、最近は一人で自然を楽しむソロキャンプも流行りつつあり、ますます注目されています。
キャンプの楽しみ方は人それぞれですが、大勢でわいわいと楽しんだり、のんびりと自然を味わいくつろいだり、焚火をして温まったりたくさんありますね。
私のキャンプの楽しみは何と言っても、おいしいキャンプ料理です。お家ではなかなか味わえないような料理を友達や家族、恋人、または一人でも作り自然の中で食べる!キャンプの醍醐味と言っても過言ではないですよね。
最近では、キャンプ料理を取り上げて放送するテレビ局も出てきました。

そんな時にお勧めしたいのが、ダッチオーブンです。
キャンプと言えば、炭で串にささったお肉を焼いたりカレーを作ったりというのが従来のキャンプでしたが、今はダッチオーブンが主流になっています。
普段とは違う、キャンプならではのお料理を味わえる優秀なダッチオーブンをご紹介していきます。
ぜひ参考にしていただき、自分に合った一品を見つけて楽しいキャンプライフをお過ごしください!

目次

ダッチオーブンが便利なシーンや役立つタイミング

まずダッチオーブンって何なの?という方が多いと思うので説明していきます。
ダッチオーブンとは簡単に言うとふた付きの鍋型オーブンのことを言います。 炭火を上にのせて上下からの過熱で中までじっくりと火を通し、食材のうまみを残さず焼くことができるという調理鍋で、焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げるなどマルチに活躍してくれるのでとても優秀です。
ダッチオーブンは蓋が重く、密閉性が高いため圧力鍋のように使用したり、保温したりするときにも使えるのでとても便利なアイテムです。
自分に合ったものを1つ持っておくと更にキャンプが楽しくなること間違いない!
サイズやデザイン、素材などによっても変わってくるので自分が使っているところをイメージしながら選んでもらえたらと思います。

ダッチオーブンを選ぶ際に見るべきポイント

 

ダッチオーブンを選ぶ際に見るべきポイントは素材とサイズになります。素材の種類には大きく分けて鋳鉄製、黒皮鉄板製、ステンレス製の3つがあります。それぞれどんな特性があるのか説明していきます。

①「鋳鉄製」

ダッチオーブンと言えば主流となっているのがこの鋳鉄製です。高温で溶かした鋳鉄を鍋状の型に流し込んで作られ、他の素材に比べると厚く重量があり、蓄熱性と保温性に優れています。
食材にまんべんなく火を通すことが出来るのはもちろんですが、食材そのものから出る水分を利用した無水調理も可能です。
※注意すべき点
鋳鉄製のダッチオーブンは「シーズニング」という慣らし作業が必要です。       ほとんどの製品は最初、サビ防止用のワックスなどが塗られているので、使用前にしっかりと落として表面を油でコーティングしましょう。
鋳鉄製はサビやすく洗剤が使えないので毎回、使用後のメンテナンスが欠かせなくなりますが、しっかりメンテナンスをすれば長持ちします。                  使用していくうちに味が出てきて、「ブラックポット」と呼ばれ、黒く光るダッチオーブンになっていくので、本格派を楽しみたい方にお勧めです。

②「黒皮鉄板製」

 

黒皮鉄板製のダッチオーブンは、製造工程中に鉄を約1200℃の高温で加熱した際に作られた、「黒皮」と呼ばれる「酸化皮膜」に守られているのが大きな特徴です。  酸化皮膜は表面が酸化して生成されているため、洗剤や金タワシでゴシゴシ洗っても劣化しにくいのはありがたいですね。
黒皮鉄板製は、1枚の鉄板をプレス成型して作られているので衝撃や急な温度変化に強く、業務用の中華鍋やフライパンなどにも使用されている素材なので油なじみがよく熱伝導率が高いのも特徴のひとつになります。
※注意すべき点
酸化皮膜で保護されているので、赤サビは発生しにくいですが、完全なサビ防止ではないのでこちらもまたメンテナンスは欠かせませんので使用後は油を塗って乾かしましょう。
鋳鉄製のダッチオーブン同様、使い始めはサビ止め用のワックスが塗られているため、シーズニングが必要です。
本格的まではいかなくてもという方にお勧めですね。

③「ステンレス製」

 

ステンレス製のダッチオーブンは、鋳鉄製や黒皮鉄板製に比べて扱いやすいです。 使用前のシーズニングが必要なく、調理後に油をなじませるなど特別なメンテナンスが必要ありません。使用後は、食器用洗剤で洗うだけなのでお手入れが簡単です。
ステンレスはありがたいことにサビに強いのが特徴です。               また、余った料理を保存容器やお皿に移し替える必要がなく、料理を入れたまま保管ができ、そのまま再加熱することもできます。
IHや電気プレート等にも対応しているのでキャンプだけでなく、ご自宅で使う方もいるのでご家庭でもキャンプ料理が楽しめるのはいいですね。
お手入れも簡単ですし、ご家庭でなじみ深いステンレス製はダッチオーブン初心者の方にお勧めです。
これらの他にも、ダクタイル鋳鉄製のダッチオーブンがあり衝撃やヒートショックに強いのが特徴です。                                   薄さと軽量化を実現しつつ、鉄器ならではの保温性と蓄熱性を備えているため食材の芯までしっかり火が通ります。シーズニングなどのお手入れも楽なのでお勧めですが、取り扱っているメーカーが少ないのでお値段は少し張ります。

 

サイズ

 

ダッチオーブンを選ぶ際にはサイズの確認も重要です。サイズは8インチ、10インチ、12インチとあるので用途にあわせて適切なサイズを選びましょう。
ダッチオーブン初心者の方には、扱いやすい10インチがおすすめですが大勢で料理を食べたいときには12インチがおすすめです。12インチは、鶏1羽が収まるサイズなのでローストチキン等も作れます。目的、人数に合わせて適切なものを選びましょう。
キャンプで使用する際には、平らでフチ付きの炭がのせやすい蓋を備えたものだと、上下から加熱できるので、食材の芯までじっくり火が通り、更に旨味をギュッと凝縮してくれるので美味しい料理ができます。
焚き火や炭火などに直置きして調理する場合は、薪や炭が燃えたときに鍋が傾いてしまうので脚付きのダッチオーブンだと凸凹したところでも安定します。

おすすめダッチオーブン20選

 

ここから先は、様々な企業が出しているダッチオーブンの中でもアウトドアハックお勧めの20選をご紹介していきたいと思います。
先程の選ぶときの重要ポイントとして紹介した「鋳鉄製」や「黒皮鉄板製」、「ステンレス製」、サイズ感にも着目して紹介していきます。
すべてAmazonで購入できるものになりますので、購入もしやすくなっています。 ぜひキャンプを楽しむための一品を見つけてください。

 ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン(10インチハーフ) ST-910HF | ソト(SOTO) | ダッチオーブン・スキレット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B003C51AW2

SOTOさんのステンレス製のダッチオーブンで、サイズは10インチハーフです。   4mm厚オールステンレス使用で抜群の蓄熱性でシーズニングが不要なのでご家庭のお鍋と同じように扱っていただけます。上の蓋の部分は、スキレットとしてフライパンのようにもお使いいただけます。
こちらのダッチオーブンは、深さが浅いので鶏を丸ごと調理したり人数が多い場合は同じモデルの深いタイプや大きいサイズがお勧めです。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン 鉄鋳物 角型 ダッチオーブン 幅270×奥行170×高さ120mm満水容量2.3L シーズニング不要 UG-3063 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | ダッチオーブン・スキレット

https://www.amazon.co.jp/dp/B07YCKCCX2

鋳鉄製で角型のダッチオーブンで幅270×奥行170×高さ120mmとコンパクトです。 角型は珍しく、魚などが調理しやすいのと蓋の裏面が焼肉グリルとしても使用可能になっていて、表面の凹凸が余分な脂を落とし美味しく焼けます。
普通のものと比べると少し小さめなので、ソロキャンプにお勧めです。

【燕三条製】TSBBQ ライトステンレス ダッチオーブン(無水鍋) 10インチ ミラー仕上げ TSBBQ-005 (本体のみ) |TSBBQ | ダッチオーブン・スキレット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07G37L7VV

ステンレス製のダッチオーブンでサイズは、10インチです。ダッチオーブンでは世界初となるステンレスとアルミの三層鋼を採用しており、重量鋳鉄製はのものより30%軽く、オールステンレスのものと比べると20パーセントも軽く仕上がっています。
軽いだけが利点ではなく、熱が伝わりやすいアルミが中央に挟まれているので熱伝導がよく、従来のステンレス製のデメリットであった熱源に接している底面のみしか熱せられないという不満を解消しました。
アウトドアとキッチンどちらでもご使用頂ける様に、ガス、ハロゲンヒーター、IH等の全ての熱源に対応しています。
ステンレス製なので、使い始めの面倒なシーズニングは必要なく、洗剤でしっかり洗うことが出来るので特別なお手入れも必要ありません。

ユニフレーム (UNIFLAME) UFダッチオーブン10インチ 660942 お手入れ簡単!割れないダッチオーブン |ユニフレーム(UNIFLAME) | ダッチオーブン・スキレット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07QFZD7DH

黒皮鉄板製のダッチオーブンでサイズは10インチです。取り扱いがとっても簡単で1枚の鉄板から作られるユニフレームのダッチオーブンは熱伝導が良く、全体がムラなく加熱されるのでとても美味しく仕上がります。
鋳鉄製のダッチオーブンと違い、落としても割れず、急加熱や急冷却に強いので丈夫にできています。

10インチは、誰でもどんなシチュエーションでも適しているので、グループでもファミリーでのキャンプでも、アウトドアでもキッチンでも、初心者から上級者までも満足してお使い頂けます。

ダッチオーブン12インチ ハーフ | ユニフレーム(UNIFLAME) | スポーツ&アウトドア

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B007FFVX9K

黒皮鉄板製のダッチオーブンで、サイズは12インチハーフです。ダッチオーブン自体も、蓋もしっかり厚みがあるので食材全体に均等に熱が入ります。
実際に購入した方のレビューを見ると、12インチと大きさは少し大きめですが、深さはあんまりないようなのでローストチキン等を作るのには深さが足りず、ピザ、パエリア等を作るのにお勧めなようです。

PETROMAX(ペトロマックス) ダッチオーブン ft1t (1.04L) 【日本正規品】 12736 |ペトロマックス(PETROMAX) | ダッチオーブン・スキレット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LWSSGU1

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは6インチです。定番の10インチの極小サイズですが、熱をしっかりゆっくり伝えるので、食材の旨味を最大限に引き出してくれます。
サイズは、小さめになるのでソロキャンプか2人でのキャンプがお勧めですね。
購入した方のレビューを見ると、300CCのストレートスープの素と具材を入れるとちょうどいい量だそうです。
サイズ的にも重さ的にも女性が使うにはちょうどいいみたいです。

【燕三条製】TSBBQ ライトステンレス ダッチオーブン(無水鍋) 8インチ ミラー仕上げ TSBBQ-006 (01.本体のみ)| TSBBQ | ダッチオーブン・スキレット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07R19FZK5

ステンレス製のダッチオーブンで、サイズは8インチで、3つ目にご紹介した商品と同じもののサイズ違いになります。一回り小さいサイズが欲しいと要望があり作られた商品になり2人前程度がベストです。                             小さめのサイズにはなりますが、お米だと3合程炊くことができるみたいです。
ステンレス製なのでお手入れが楽で軽くて扱いやすいとお客様から好評です。

ロッジ ロジック キャンプオーヴン 10インチ 25.4cm L10CO3 [並行輸入品]|グリルパン オンライン通販

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B081TZHWL1

鋳鉄製のダッチオーブンで、サイズは10インチです。キャンプ用の脚付きのダッチオーブンで、炭を乗せるために淵の付いた蓋は上火調整が可能でパンやケーキを焼くことも可能なようです。蓋を裏返せば鉄板としても使用でき、鍋は重ねても調理できます。
鋳鉄製の最大の特徴は、熱をゆっくりと伝えることで、 素材へじっくりとムラなく加熱でき、旨味をぎゅっと凝縮しながら調理することが出来ます。               シーズニング済みでなので使い始めのお手入れも不要でお湯で洗うだけですぐにご使用頂けるのも一つの魅力ですね。
世界中のキッチン、レストラン、アウトドアで120年以上愛され続けているブランドなので安心してお使いいただけます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン&フライパン コンボクッカー M-5534 容量3.1L 鋳鉄製2WAY | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | ダッチオーブン・スキレット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B000BSC9XC

鋳鉄製のダッチオーブンで、サイズは外径250×高さ85×全長380mmです。
片手鍋とフライパンご一体になっているダッチオーブンで、蓋がフライパンとなるので、煮る、焼く、炒める、蒸すそして揚げる等が一台でこなせる便利な調理器で料理の幅が広がりますね。
使用していくうちに味が出てくるので「ブラックポット」に育てていくのも楽しみの一つですね。

テンマクデザイン アルミダッチオーブン 6インチ | テンマクデザイン | マグ・シェラカップ

https://www.amazon.co.jp/dp/B085BPGMYG

軽量なアルミ製ダッチオーブンで、サイズは6インチです。コンパクトなサイズの焚き火台にもぴったりなサイズで、 ご飯がおいしく炊けます。
購入した方のレビューを見ると、ソロキャンプまたは2人くらいの小人数のはちょうどいいサイズのようです。
注意することとしては、アルミ製なので空焚きをすると穴が開いてしまい危険です。蓋に大量の炭を置くのは、空焚きと同じ状態になりアルミが溶ける場合があるのでこちらも注意しましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ココット ダッチオーブン 22cm 容量2.8L 鋳鉄製 ガス火・IH・オーブン対応

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B072J7Z18X

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは22㎝です。通常であれば、使用前にシーズニングが必要ですがこちらの品はシーズニングが不要なので食器用洗剤で洗って、植物油を塗るだけで調理が可能です。
鋳物製で均一に熱を伝えられるので、オーブン料理に適していて、重厚な蓋が旨みを閉じ込め素材本来の味を引き出してくれます。
キャンプだけでなく、ご家庭のオーブン、IHにも使用可能なのでご家庭でも味わえるのは一つの魅力ですね。
サイズは、少し小さめになるのでソロキャンプまたは2人等の少人数の場合お勧めです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ バーベキュー ダッチオーブン セット 鉄鋳物 25cmリッドリフター・収納バッグ付き シーズニング不要 UG-3048 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | ダッチオーブン・スキレット

https://www.amazon.co.jp/dp/B07KMB13KT

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは25㎝です。通常であれば、使用前にシーズニングが必要ですがこちらの品はシーズニングが不要なので食器用洗剤で洗って、植物油を塗るだけで調理が可能です。
こちらの商品は、4人~5人出のキャンプに丁度良さそうです。

シーズニングが必要ないので、初心者の方でもすぐに使用できお勧めですが、ただ重さがあるようで女性には扱いにくいようです。

 

 

 

 コールマン(Coleman) ダッチオーブン 10インチ 170-9392 | コールマン(Coleman) | スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B00404JSU0

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは、10インチです。植物性オイル仕上げなので、シーズニングが必要なく、すぐに調理を始められます。
10インチは、家族で初めて買うにはぴったりのサイズで、4.7リットルも入るので深さも十分ですし、日常遣いもしやすいですね。
リッドリフターがついているので、熱くなった蓋を直接触らなくて大丈夫なので安心ですし、付属の収納バッグもついているので収納場所も困りません。

オークス 日本製 レイエ グリル ダッチオーブン LS1507: ホーム&キッチン

https://www.amazon.co.jp/dp/B00AFOHDOC

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは、19㎝です。一般的な鋳鉄製のダッチオーブンに比べて軽く、ご家庭の魚焼きグリルに収まる小型のサイズです。
狭い庫内はあっという間に高温になり、食材に早く火が通るのでスピード調理が可能です。
蓋付きなので食材をふっくら、うまみを凝縮でき、アミを使って調理することで、余分な脂を落としヘルシーにできます。
購入した方のレビューを見ると、ダッチオーブン風のお料理が作れるスキレットと認識している方がい多いようです。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) アウトドア ダッチオーブン 10インチ 4WAYダッジオーブン DO-28 |camping moon | ダッチオーブン・スキレット

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DPR7CB3

ダクタイル鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは、10インチです。植物性オイル仕上げなので、使用前の空焼きが不要です。
遠赤外線効果で料理が美味しく仕上がる「ダクタイル鋳鉄製」で厚さ10mmなので熱が全体にいきわたり、キャンプメニューのバリエーションを広げてくれます。

Y字型の取っ手が付いており、重さのあるダッチオーブンをより楽に持ち上げることができるのでうれしいですよね。

リッド+スキレット、リッド+ポッド、スキレット+ポッド、スキレット(逆さ)+ポッドと4way遣いできるのは魅力的ですね。

 ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン(8インチ) ST-908 | SOTO(ソト) | ダッチオーブン・スキレット

https://www.amazon.co.jp/dp/B003DTLT1E

ステンレス製のダッチオーブンでサイズは8インチです。蓄熱性の良い4mmの厚さでオールステンレス使用しており、ご家庭でも使用可能なIHクッキングヒーター対応です。

一般的な鋳鉄製のダッチオーブンは水や塩分に弱く、錆びてしまったり、割れやすいなどの問題がありますがステンレス製はサビや衝撃、温度変化にも強く、特別なお手入れは必要ありません。また、使用前のシーズニングも必要ないので、ご家庭のお鍋と同じようにお使いいただけます。

8インチは、4人家族出のキャンプにお勧めですので用途や人数に合わせてサイズを選びましょう。

 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ビギナーセット M-5542 30cm 容量8.3L 鋳鉄製6点セット | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | フライパン

https://www.amazon.co.jp/dp/B0017P38VU

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは、30㎝です。
ローストチキンからデザートまで、アウトドアでフルコースが楽しめます。おいしく簡単に作れる道具がセットになっていてすべて本格仕様です。
初心者の方にもうれしい、レシピブック付きなのでお料理の幅が広がりますね。
つくりはシンプルですがしっかりとしていて丈夫なので安心です。
沢山使って、自分だけのブラックポッドに育て上げましょう。

 

 

LODGE(ロッジ) ロジック10.25インチキッチンダッチオーブン L8DO3 (並行輸入品) | ロッジ(Lodge) |ダッチオーブン・スキレット

https://www.amazon.co.jp/dp/B00006JSUF

鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは、10.25インチです。
LODGE社はアメリカを代表する鉄製鋳物調理器具メーカーで、煮る、焼く、炒める、蒸す揚げる等を一台でこなすことが出来ます。
シーズニングがすでにされているので購入後は、お湯で洗っていただくだけですぐ調理に使用していただけます。面倒な作業がないため初心者・女性の方にオススメですね。

使えば使うだけ味も出てくるので、自分だけの愛着のあるダッチオーブンを育てていけるのも魅力の一つです。

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン26 CS-520 | スノーピーク(snow peak) |ダッチオーブン・スキレット

https://www.amazon.co.jp/dp/B0053OCWU4

タグタイル鋳鉄製のダッチオーブンでサイズは、38.1 x 38.1 x 20.32 cmです。
とても強く粘りのある鋳物素材を採用し、ダッチオーブンとしては驚きの薄さと軽さを実現した、究極のダッチオーブンです。
5.4リットルと大容量なので大人数でのワイワイしたキャンプに一つあると便利ですね。

薄くて軽く、取り扱いが楽な鋳物で出来ており、ヒートショックや衝撃にも強い、新しいコンセプトのダッチオーブンです。

 

下村企販 オール熱源対応 ステンレス ダッチオーブン 26cm 21980: ホーム&キッチン

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B001TKI3M2

ステンレス製のダッチオーブンでサイズは、26㎝です。               鉄鋳物と違って、割れやサビの心配がほとんどなく、4mmの極めて厚い素材を使用しているので保温性もバッチリです。また、食材の中心まで均一にしっかりと熱が伝わるのでムラなく仕上がります。
ステンレス製になるので面倒なシーズニングの必要もなく、特別なお手入れも必要ありませんのでご家庭の鍋と同じようにお使いいただけます。

ダッチオーブンを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

上記で様々なダッチオーブンをご紹介してきましたが、「鋳鉄製」「黒皮鉄板製」「ステンレス製」と大きく分けて3つの種類があります。その中にも、サイズの小さいもの大きいもの、ダッチオーブン自体の厚み、性能等細かく見ていくとたくさんの種類のものがありましたね。
もちろん見た目がおしゃれなもの、値段も大事になりますが、自分の目的、用途に適したものは何かを考え、実際に購入した方の口コミ等も参考するといいと思います。
自分に合った逸品を見つけ、最高なキャンプライフを楽しんでください!!

 

Pick Up

キャンプ・アウトドアにおすすめの焚火台20選 1

「焚き火台っていろんな種類があるけどどれを選べばいいの?」 最近野外でのレジャーとして再注目されているキャンプ。2020年の流行語大賞にも「ソロキャンプ」がノミネートされるなど、多くの人たちがキャンプ ...

キャンプ・アウトドアにおすすめの火起こし20選 2

火起こしってなに?どんな物?実際にどうやって使うの?ほとんどの人は火起こしと聞いて具体的なものが浮かぶ人は少ないとおもいます。 火起こしとは炭に着火する道具一般の事をいいます、マグネシウムの燃焼で火を ...

キャンプ・アウトドアにおすすめのシングルバーナー20選 3

「シングルバーナーって色々な種類があるけど結局どれがいいの?」 キャンプやツーリングの際に、料理やドリンクを温めたりと大活躍するバーナー。 いざ購入しようとしたものの、バーナーにもシングルバーナーやツ ...

-バーベキュー・クッキング用品

© 2021 アウトドアハック おすすめキャンプ用品・ギアをご紹介