バーベキュー・クッキング用品 安全対策・サバイバル

おすすめオイルライター20選

 

たとえばキャンプを想像すると、BBQや調理、夜にくつろぐ焚火など、火を取り扱う場面が多いはず。こうしたアウトドア時、火をつける方法としてマッチやライターを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。もちろんそれでOKです!
ただ、アウトドアは自然が相手なだけに、風が吹いていたり雨が降っていたり、悪天候下での着火を余儀なくされることもあります。そこで、アウトドアでは、普段使いのライターとしても使えるものはもちろん、天候や環境に左右されることのない火力の強い「オイルライター」が非常に便利です。
今回この記事では、数ある着火道具の中でも、火力の強さとスタイリッシュなデザインが魅力である「オイルライター」について、特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介していきます!

目次

オイルライターが便利なシーンや役立つタイミング

キャンプ時のBBQや調理の準備段階において、最も苦戦するのが着火です。もちろんマッチなどでも火を起こすことはできるものの、雨や風のときにはすぐに消えてしまい、使いものにならないなんてことも皆さん経験があるかもしれません。
そんなとき、今回ご紹介する「オイルライター」が役立つのですが、その名の通り、オイルを燃料に採用した耐久性の高いライターであります。ガスライターと違って、寒い場所や強風下でも着火しやすいのが魅力の1つであり、屋外(アウトドア)での使用に向いていると言えます。
使い勝手も抜群ですし、オイルライターならではの“着火時の音と独特なオイル臭”が病みつきになり、長く愛用される方も多いほどです!BBQや調理の前準備、焚火の際など、キャンプシーンだけを切り取ってもあらゆる場面で活躍しますし、アウトドアや災害時、喫煙時など様々なシーンで役立ちます。
なお、オイル式に対応しているのは「フリント式」という着火方法がメインなのですが、フリント(発火石)で発火させる方式で、回転式のヤスリとこすり合わせることで燃料に着火する仕組みです。使用にはオイルの補充といったメンテナスが必要なので、その点は覚悟のうえで選びましょう。

オイルライターを選ぶ際に見るべきポイント

オイルライターは着火の機能を備えながら、デザイン性にも優れており、長く愛用する方が多いです。せっかくなら自分の理想にピッタリの、お気に入りのライターを身に着けたいもの。
そこで、ライター選びに失敗しないためのチェックすべきポイントを、以下でご紹介していきます!
〇形
風に強いことがオイルライターの特徴でもありますが、ライターの形によって風に対する強さも異なります。芯の周りに風よけとなる風防が付いていれば、より風で火が消えてしまうのを防げるのでアウトドアに向いています。
〇着火方式
オイルライターはフリント式が使いやすくておすすめです。さらに蓋を開けるだけでその操作(着火と消火)を行ってくれるワンタッチ式であれば、ストレスなくより簡単に使えます。
一方で、着火時のかっこよさにもこだわりたい方には、ホイールタイプがぴったり。蓋を開閉したときの音を楽しむ方も多く、こだわり派に人気!
〇メンテナンス
オイルライターは、こまめにオイルの補充やフリントを交換する必要があります。メンテナンスを行うことでオイルライターの寿命は伸びていくため、ストレスを感じない、補充や交換がしやすい構造のものを選びましょう。特に予備のフリントを入れておけるものは、外出先でもすぐに交換できて便利です。
https://thebest-1.com/a4421/
https://my-best.com/4305#toc-1

おすすめオイルライター20選

上記でご紹介した選ぶ際のポイントを踏まえて、「オイルライター」のおすすめ20選を見ていきます。
自分に最適なオイルライターを選ぶことで、アウトドアも断然楽しくなります。あなたのお好みのライターをぜひ見つけてください!

 火起こし棒 火吹き棒 オイルライター Ribitek アウトドア 着火 火吹き 火起こし トーチ キャンプ用品 伸縮・繰り返す 利用可能 交換用 発火石・替芯付 | Ribitek | スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B083KD7KBK

キャンプ場に火を起こす道具として重宝される、火を付けるライターと燃焼を促進させる火吹き棒のセットです。※オイル式のため、繰り返し利用することができます。
コンパクトな火吹き棒は、8段階式で自由に伸縮でき、収納する場合は約10cmで持ち運びにも便利。反対に使用時は、最長48.5cmまで伸ばすことができるので、火元を避けられる安全距離で使用が可能です。顔や手をやけどする心配もなく安心です。
BBQや焚火台、ストーブなどのキャンプ時はもちろん、日常生活でも幅広く役立ちます!

 IMCO(イムコ) フリントオイルライター イムコ スーパー 6700P ロゴ入り シルバー IM6761391: ホーム&キッチン

https://www.amazon.co.jp/dp/B00OLM187W

ワンタッチで着火が可能で簡単・軽量なオイルライターです。錆に強いSUS430ステンレスを使用しているので、お手入れさえ行えば長く愛用できるはず。スライド式の風防で強風下でも着火が可能な点が魅力の1つです。
また、ガスライターでは起こり得る、冬の寒い時季に火がつかないということも、このオイルライターでは心配ありません!さらに、着火後にはオイルタンクを引き抜けば、マッチのように火をつけたい場所に近づけて利用できるので、使いやすさにおいても抜群です。

 NAKED(ネイキッド) オイルライター ネイキッド ダイヤカット グレー BN-D/C: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B000O1PIKM

外観にあえて加工を施さず、ライターの基本構造をむき出しにしたデザインが特長的なオイルライターです。背面のレバーを押して着火、戻して消火するシンプルな使い方なので、使用時に苦戦することもありません。また、通常目にすることが無い着火動作を手の中で感じることができることができるのもこのライターの魅力でもあります。
深く仕上げられた風防パーツと銀色のボディは、シンプルでかっこよさを引き出し、個性的なデザインが持っているだけで特別感を生み出します。

 通販のトココ おしゃれ キーリング 車 携帯 オイルマッチ キーホルダー ny069-bk メンズ レディース カラビナ 家 フック [並行輸入品]: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B07SB5DYZF

 

メインの使い方としては、車の鍵、家の鍵などの小物がカバンの中でバラバラになるのを防げるよう、1つにまとめて管理するためのキーリングです。カラビナフックでベルトループやバッグに取り付けて、鍵の紛失を防止可能。
また、火薬を使わないオイル使用する、「オイルマッチ搭載」で、市販のライターオイルさえ補充すれば、キャンプ時や喫煙時、緊急時などの着火に役立ちます。そのほか、寒い環境でも使える点や持ち運びやすさも魅力です。

 ペンギンライター フリントオイルライター ギアマックス クロームサテン: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B00GX5R9B4

ペンギンライター製のオイルライター。インサイドユニットは取り外しが可能なので、メンテナンスも簡単。かつ底部のオイルキャップの中にはスペアフリントを入れておくことができる構造なので、外出先でのフリント(発火石)が切れて火をつけられない心配もなく安心です。
使用方法は簡単で、フタを開けてフリントホイールを回すと着火します。フリント式に慣れない方でも簡単に使用できると思います。重厚感のあるワイルドなライターなので、特に男性におすすめです。

ペンギン ゴーイング(Penguin Going) オイルマッチ 注入式 カラビナ キーリング 付き グレー | ペンギン ゴーイング(Penguin Going) | トーチ・火起こし

https://www.amazon.co.jp/dp/B08PTFC3QT

1946年創業の老舗メーカー「ペンギンライター」のアウトドアツールアイテム。内蔵されている着火棒を使って、まるでマッチのように火を起こせるオイルマッチを搭載しています!(※ボディ裏面の発火石部分で擦って着火させます。事前にオイル注入が必要です。)
持ち運びに便利なカラビナや2重リングもついているので、失くしたくない鍵類などをまとめて管理したり、ベルトループやリュックなどに付けて簡単に持ち運べたりと、とても便利です!シンプルで飽きのこないかっこいいデザインも魅力です。

 WIN ウィン オイルライター WIN1800 日本製 ゴールド ダイヤカット: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DDG29B6

丸みを持たせたボディーや柄が高級感を引き立たせる、フリント式オイルライターです。全面ダイヤカット加工を施すことは難しく、機械だけではできないため、職人が半手動で行う特殊加工により丹精込めて作られたアイテムです。それゆえ、お値段はお高めではあるものの、それだけの価値が認められている証でしょう。
底部のキャップは2重構造になっており、内側のキャップを外すと中に予備のフリントを入れられるスペースがあり、外出先でも交換できて安心です。

 DOUGLASS(ダグラス) オイルライター ネオ 4 日本製 ゴールド: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B017SG1UT8

金属が本来持つ素材感を生かした、日本製のオイルライターです。高級感のある鏡面仕上げを施していて、見た目も華やか。綺麗な真鍮の輝きと、小さいのにしっかりした作りで、耐久性にも優れています。
平たい場所であれば、自立し倒れることもないので安心ですし、力もいらず確実に着火できる点も嬉しいポイントです。アウトドアはもちろん、お墓参りや日常使いにもピッタリ。可愛くて、メカニカルで火を着けるのが楽しくなること間違いなしです!

Tkoool ファイヤースターター パーマネントマッチ オイルマッチ 収納袋&替えウィック付 (ゴールドレッド) | Tkoool| トーチ・火起こし

https://www.amazon.co.jp/dp/B018BBGVBQ

オイルマッチタイプで、オイルでスティックを浸した後、側面のフリント部分で強く擦ることで簡単に着火できる仕組みです。マッチのように火を着火したいところまで持って行けるので、煙草を吸ったり、アウトドアやキャンプの調理や焚火の際に使ったり、防災グッズとしても重宝するアイテムです。
はじめの方は火がつきにくいようですが、何度か使うと火がつきやすくなり、使っていくうちにフリント部分が擦れることでの味のある見た目になるのも楽しめます。(持ち運ぶ際に便利な特製の収納袋付きです。)

 ペンギンライター ライター アレックストレンチ ミラー仕上げ ブラス: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B077G3C8B2

真鍮製のボディに本革製のストラップが付いた、アンティーク調のオイルライターです。本体下部のリングを引くと、本体が下へスライドして着火部分が現れます。そうすると、本体部分が風防として働き、風が吹いている環境下でもストレスなく火をつけられるよう守ります!
給油口にはパッキンがあり、漏れなどもありませんし、芯も丈夫でしっかり燃えます。光沢の有るミラー仕上げなので、使っていくとコーティングが剥げてくるかもしれませんが、それがかえって味を出し、愛着がわきそうです。

 ペンギンライター ライター アレックストレンチ バレル仕上げ ブラス: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B077G3C8B2

上述のものと同じ構造のオイルライターで、本体の下側にあるリングを引くと、本体が下へスライドして着火部分が出現。そうすることで本体部分が風防となり、風の中でもストレスなく、火を消すことなく対象物への着火が可能です。
漏れなどもありませんし、芯も丈夫でしっかり燃えますから、小さいボディでも着火の役割を十分果たしてくれます。先ほどの商品と何が違うのかというと、仕上げの部分。ビンテージな風合いが特長の「バレル仕上げ」を用いているので、デザインにこだわりたい方にはおすすめです。

 shelter(シェルター) トレンチ オイル ライター 第一次世界大戦 IMCO レプリカ 専用 BOX フリント(着火石)付属 ストラップ 付き: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B07CCK1D3H

シルバーとゴールドのレトロな雰囲気を醸し出すトレンチオイルライターです。本体下部のリングにストラップを付けて、ベルトやリュックなどに結んでおきます。その後、ボディのシルバー部分を持ちながらストラップ部分を引っ張ると、フタが開き着火することができます。
消すときはまたスライドさせ、フタを被せるだけの簡単操作で、はじめてのオイルライターでも安心して使えます。
手にもすっぽりおさまるコンパクトなサイズですし、使えば使うほど味が出て、愛着が湧くレトロな雰囲気が楽しめるオイルライターです。

 SRECNO オイルランプミニ 金属 アルコールランプ ミニ 綿の芯 3本付き アウトドアサバイバルキャンプ ハイキング旅行 ライトラボ機器暖房便利な耐久性: ホーム&キッチン

https://www.amazon.co.jp/dp/B083CYPL2R

小さなアルミボディーのミニオイルランプです。耐久性のある優れた素材で作られており、高い強度で壊れにくく、ガラスのアルコールランプより安全です。芯の露出加減で明るさや火力を調整できるのが特徴。小ぶりなランプなので、持っているだけでもおしゃれです。
家庭では、テーブルランプに。キャンプ時には、明るい炎が語り合う素敵な夜を演出し、キャンドルランタンのオイルインサートにも使用できて、あらゆるシーンで活躍してくれるはずです!

ファイヤースターター パーマネントマッチ (オイルマッチ) | NEFUSI | トーチ・火起こし

https://www.amazon.co.jp/dp/B072JGPNC4

携帯に便利なキーチェーン付きのオイルマッチ。本体にオイルを入れ、スティックにオイルを浸して、側面のフリント部で強く擦ると着火する仕組みです。着火のコツをつかむまでなかなか火をつけられないということも多いようなので、手軽さ・簡単さを求める方には向いていないかもしれません。
ただ、何度か試して慣れれば着火も簡単。絶妙な力加減で贅沢な炎を生み出せます。キーチェーンであらゆる部分に装着できるので持ち運びにも便利です。

 DOUGLASS(ダグラス) オイルライター フィールドS 日本製 防水仕様 ダイヤノシルバー: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B00PJFFSGC

職人が手作りで仕上げた日本製のオイルライターです。精度を追求して作ったライターは他にない丈夫さと、様々な技術を盛り込まれ、仕上がりも素敵です。
少々の水をかぶっても安心の「防水仕様」。水を扱うことの多いキャンプや、川辺でのBBQ、ウィンタースポーツなど、オールシーズン通して、あらゆる場面で活躍してくれるはず!
ライター本体の下の部分には、予備のオイルタンクやフリントが付いているので、アウトドアに出掛ける前に補充しておけば、オイルやフリントが切れても交換できるので安心です。

 部屋のオブジェにもなる!エターナル オイル マッチ シルバー 専用ケース付: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B00K4PGKPK

ステンレススチールのマッチライター。芯をオイルに浸してフリント部分を擦るだけで着火できる仕組みのため、初心者でも扱いやすいアイテムです。
オイルがなくなった場合は、市販のオイルを補充して、手軽にメンテナンス・繰り返し使用できるのが嬉しいポイント。防水性ありますから、急な雨に打たれることの多いアウトドア時はもちろん、災害時にも便利です。
実用的で持ち運びやすく、シンプルな操作で、キーホルダーとして持ち運びができます。さらに、湿気や低温を含む場所でも問題なく使用できるため、あらゆる環境・場所でいつでもどこでも使用できます!

 WINDMILL(ウィンドミル) ライター WFM100 アルミ製 ブラック WFM-1001: ジュエリー

https://www.amazon.co.jp/dp/B0727QY7JW

タンク内部の綿にオイルを浸み込ませ、芯で吸い上げて使用するオイルライターです。炎は、ターボライターやバーナーフレームと比べて長持ちします。発火石をヤスリで擦る事により火花を飛ばし着火する、着火率の良いフリント式を採用しています。
オイルが切れた場合、注入口のネジを緩めてサブタンク内のオイルを補充可能ですし、タンクは2層構造のため、オイルの揮発を防ぐことができる嬉しい機能も付いています。また、部品が少ないため、オイルさえあればいつでも使用可能な点が魅力でもあります!

高級サンダルウッドオイルライター防風クラシックレトロな砥石ガソリンシガーライター夫家族ギフト,Ebony: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B08HVCFFJM

サンダルウッドの高級ケースとプレミアムメタルの手触りが滑らかで、高級感を高めたオイルライターです。精巧な仕上がりで、コレクションとしても人気があります。防風設計により、ある程度の防風性が得られるため、他に比べても非常に高い点火率を誇ります。
底面のタンクカバーを回して燃料を補充するだけなので、メンテナンスもさほど面倒には感じません。
あまり見ない、丸っこいフォルムが特徴でもあり、かわいさとかっこよさを兼ね備えたデザインは性別問わず使えます。

 ペンギンライター ライター アレックス3 卓上用 バレル仕上げ ブラス: カメラ

https://www.amazon.co.jp/dp/B07KWJKF32

回転ヤスリが両サイドについた、左右どちらからでも着火ができるオイルライターです。重厚感もあり、ある程度の重みもありその重みを求める方にはピッタリです。
ネジ込み式の火口キャップにより、オイルの揮発を最小限に防止でき、着火時には炎も比較的しっかり出ます。
露になっているネジやライター構造が、昔ながらのいかつい風貌で、マニア受けするモデルとしても人気があります。あらゆる場面で活躍し、その度ライターの持ち味を楽しめます!

ZIPPO (ジッポー) ライター クロームサテーナ 200.YS | ライター | 腕時計 通販

https://www.amazon.co.jp/dp/B001MBUFJC

世界的なライターブランド「zippo(ジッポー)」の商品です。コレクション性の高さが人気ですが、この商品はzippoの中でも手頃な値段で手に入り、使いやすいタイプです。
シルバーでシンプルなデザインのかっこよさはもちろん、キャップを開けるときの音、オイルの香りも魅力!
風防がついているので、風が強い日でも火が着けやすく、力強い炎で、アウトドアシーンや日常生活、あらゆるシーンで役立ちます。持っているだけ、飾っておくだけでも絵になるとの声も多く、人気のアイテムです。

オイルライターを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

アウトドア用におすすめ、20種類のオイルライターの特徴をメインにご紹介してきましたが、いかがでしたか?
デザイン性に優れたものが多い今、アウトドアはもちろん、普段使いにも最適です。使わないときは防災用バッグに入れておけば緊急時にも役立ちますから、1つ持っておくと安心です。ぜひあなたの理想のライターを見つけてくださいね!

Pick Up

キャンプ・アウトドアにおすすめの焚火台20選 1

「焚き火台っていろんな種類があるけどどれを選べばいいの?」 最近野外でのレジャーとして再注目されているキャンプ。2020年の流行語大賞にも「ソロキャンプ」がノミネートされるなど、多くの人たちがキャンプ ...

キャンプ・アウトドアにおすすめの火起こし20選 2

火起こしってなに?どんな物?実際にどうやって使うの?ほとんどの人は火起こしと聞いて具体的なものが浮かぶ人は少ないとおもいます。 火起こしとは炭に着火する道具一般の事をいいます、マグネシウムの燃焼で火を ...

キャンプ・アウトドアにおすすめのシングルバーナー20選 3

「シングルバーナーって色々な種類があるけど結局どれがいいの?」 キャンプやツーリングの際に、料理やドリンクを温めたりと大活躍するバーナー。 いざ購入しようとしたものの、バーナーにもシングルバーナーやツ ...

-バーベキュー・クッキング用品, 安全対策・サバイバル

© 2021 アウトドアハック おすすめキャンプ用品・ギアをご紹介