フィールドギア

おすすめアウトドアナイフ20選

 

 

目次

アウトドアナイフが便利なシーンや役立つタイミング

アウトドアでナイフが役立つ場面は多いですが、主に「切る」「加工する」ために使います。
木を切る、草を切る、ヒモを切る、食材を切るなど、とにかく切れ味と耐久性は重要視されます。
また、木の皮を剥いだり削ったりなど、モノ作りのための加工にも重宝します。
マルチツールタイプのナイフだと、ペンチやハサミなどDIY用の工具がくっついているものが多いため、出来ることの幅が広がります。
アウトドアで使う道具の基本にして、様々な応用の仕方があるナイフ。
アイテムによって、切れ味や耐久性・手入れの仕方など千差万別です。
アウトドアの満足度は、ナイフの切れ味に左右されると言っても良いでしょう。
目的に応じて、「丈夫で切れ味が良くコスパも良い」アイテムを選びたいものです。

アウトドアナイフを選ぶ際に見るべきポイント

ナイフには「シース」「フォールディング」「ツール」の3タイプがあります。目的に合わせて、適した1本を選びましょう。
①シースナイフ
刃と柄が一体化していて、鞘に収めるタイプです。
特徴として、とにかく「丈夫で大きい」です。鋼材が柄の中まで繋がっており、耐久性はバツグン。刃渡りも長く頼りになります。
②フォールディングナイフ
折り畳み式のナイフです。
刃を収納して小さくなるので、「安全性・携帯性」においては最強です。丈夫さや大きさは「シース」タイプには劣ります。
③ツールナイフ
ナイフ+別の工具のマルチツールタイプです。
「機能性・多様性」に富んでいます。ペンチやドライバー、栓抜きや缶切りなどが付いたアイテムがあります。
専用工具より使い勝手は劣りますが、使用頻度や作業難度が低いツールをまとめて持ち歩けて便利です。

おすすめアウトドアナイフ20選

アウトドアナイフの機能性と選び方がわかったら、次は「具体的にどのアイテムが自分に合うのか?」を知りたいですよね。
ここからは、おすすめのアウトドアナイフを20個、ご紹介していきます。
あなたに合う1本が、きっと見つかると思います。

 G・サカイ サビナイフ-5 ワイルドハンター 黒 11436 | ジー・サカイ(G・sakai) | スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B0753K26MF

H1鋼を使用した、シースタイプの堅牢なナイフです。
ブレードには強靭な「H1鋼」を使用。「炭素が含まれていない」鋼で、海水に浸してもサビないという驚異の鋼です。
硬度もあるため耐久性・切れ味も申し分なし。
グリップは強化プラスチック。
重量も195gと、取り回しやすい重さです。
「とにかく丈夫でサビないナイフが欲しい!」「折り畳めなくて良い!」という方は「サビナイフ」一択でしょう。
【全長/刃渡り】270/125mm
【重さ】195g

 MOSSY OAK シースナイフ フルタング構造 天然ウッドハンドル 全長275mm 【ケース付き】 | MOSSY OAK |

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MQ8ZZYR

シースナイフ
安価ながら使いやすいシースナイフです。
強くサビにくいステンレス刃で、耐久性があります。
天然木材を使用したウッドハンドルは、手に馴染みやすく握りやすいです。
軽い薪割りなどは充分こなせます。
全体的なスペックは高級ナイフには劣りますが、ライトユーザーにはオススメですし、安価なので買替も気軽に出来ます。
バイクでキャンプに行く人など、荷物を小型化したい人に特に人気のアイテムです。
【全長/刃渡り】275/145mm
【重さ】300g

 BUCK(バック) フォールディングハンター110FG BK-3 | バック(BUCK) | フォールディングナイフ

https://www.amazon.co.jp/dp/B000EHYZKU

ハンターナイフの定番アイテムです。
フォールディングタイプで、折り畳めば124mmになります。
刃はどちらかと言うと柔らかめで、杉くらいなら割れますが、ナラなどの硬い木だと刃が欠ける恐れがあります。
「少し重く感じる」というレビューが多いため、折り畳めて軽量なアイテムをお探しの方は、注意が必要です。
実用性よりも、見た目の良さ(真鍮+ウッドのグリップなど)を重視したアイテムのようです。
【全長/刃渡り】220/95mm
【重さ】204g

 G・サカイ アウトドアクッキングナイフ 直刃 10820 | ジー・サカイ(G・sakai) | 包丁

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00O89Q5SK

携帯性と切れ味、コスパに優れたクッキングナイフです。
刃は440Cステンレスを使用。切れ味がよく、サビに強くて長持ちします。
グリップは硬質ゴムで、軽い握り心地。
プラスチックの鞘付きです。
「とにかく軽くて持って行きやすい、切れ味の良いクッキングナイフ」が欲しい方は、こちらを選びましょう。
ただし、包丁で言う「顎」の部分が無いため、顎を使ったくり抜きなどは出来ないので注意です。
【全長/刃渡り】280/140mm
【重さ】90g

 VICTORINOX(ビクトリノックス) ナイフ 防災グッズ ハントマン カモフラージュ 1.3713.94 【国内正規品 保証付】 | VICTORINOX(ビクトリノックス) | マルチツール

https://www.amazon.co.jp/dp/B000AR79UC

マルチツールタイプの多機能ナイフです。
たった100g/10cmに1本15役が詰め込まれた15徳ナイフ。
ナイフ×2・栓抜き・缶切り・ドライバー×2・穴開け・ピンセットなどなど、全部で15の機能があります。
それぞれ単品で揃えると3000g相当ですから、携帯性はピカイチです。
流石に1つ1つの性能は単独商品に劣りますが、「いざという時」の備えとしては充分に役に立つでしょう。
【ハンドル】91mm
【重さ】95g

 OPINEL(オピネル) ステンレススチール #7 41437 【国内正規商品】

https://www.amazon.co.jp/OPINEL-%E3%82%AA%E3%83%94%E3%83%8D%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%AB-41437-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%91/dp/B000UH4POK/ref=sr_1_6?adgrpid=105617768060&dchild=1&gclid=Cj0KCQjwi7yCBhDJARIsAMWFScO1FQ7FQN-V2MqVLIwecEguTcRDpr-ys2-OLipwkvVO3uQ9P00itb4aAkUjEALw_wcB&hvadid=449980668427&hvdev=c&hvlocphy=1009343&hvnetw=g&hvqmt=e&hvrand=13729500129527245058&hvtargid=kwd-334711327865&hydadcr=1808_9582493&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%82%AA%E3%83%94%E3%83%8D%E3%83%AB+%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%AB&qid=1615802096&sr=8-6
サビにくいステンレス刃を使用。
#7サイズは、実用性を求めながら荷物を小型化したい場合、適したサイズと言えましょう。
木柄のメンテナンスがポイントで、一晩アマニ油などに漬け込んで、しっかり乾燥すると良いようです。
こうすることで、水分が染み込むのを防ぎ、木の膨張を防ぐ効果があるそうです。購入した際は、ぜひお試し下さい。
【刃渡り】80mm
【重さ】80g

 バックナイフ BUCK 110BRSFG フォールディングハンター FG | BUCK | ナイフ・マルチツール

https://www.amazon.co.jp/dp/B009HND7BU

無骨で重厚感のあるバックの折り畳み式ナイフです。
サビにくいステンレス刃を使用。
刃のグラつきも全く無く、これ1本で鹿の解体が出来るほどに切れ味はバツグン。
グリップのズッシリくるフィット感も人気です。
実際に300gと重いので、携帯性に関しては他のナイフに軍配が上がりますが、それも個性でしょう。
美しいフォルムは、ベテランのハンターに支持され、鑑賞用に購入する人もいるほどです。
【全長/刃渡り】220/95mm
【重さ】300g

 VICTORINOX(ビクトリノックス) ナイフ キャンプ おりたたみ ハンティング Pro ALOX RD【国内正規品
保証付】0.9415.20 レッド | VICTORINOX(ビクトリノックス) | フォールディングナイフ

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MJGMNKH

緑に映えるレッドカラーが美しい、フォールディングナイフです。
ステンレススチールで両刃仕上げ、厚みのある強靭なロック付きブレード。
野菜を切る、皮を剥く、焼いた肉を切る、薪を割るなどハードな使用にも耐えます。
ハンドルはアルミニウム製で耐久性が高く、握った時に冷たさがあります。
脱着式のクリップが付いており、落下防止に役立ちます。
ロックが固く外れにくい、という声が若干あり、メリットでもデメリットでもありますね。
【ハンドル】136mm
【重さ】186g

 モーラ・ナイフ Morakniv Garberg Black Carbon Leather sheath|

https://www.amazon.co.jp/dp/B07BW8G9B1

オールブラックのコーティングがクールなシースナイフです。
カーボンスチールの刃で、箱から出した初期の状態でもかなりの鋭さです。
革砥してやると、刃を叩いてバトニングによる薪割りもガンガンイケるくらい鋭くなります。
太めの枝を削ぎ落とすような作業もラクラクです。
高品質なレザーケースも付属しています。
高い剛性と実用性を求めるならモーラ・ナイフを選びましょう。
【全長/刃渡り】229/109mm
【重さ】300g

 モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (カーボン) | モーラナイフ(Morakniv) | シースナイフ

https://www.amazon.co.jp/dp/B004TNWD40

安価なので気軽にガンガン使えるシースナイフです。
カーボンスチールの刃で、その鋭さはお墨付き。充分に研いでおけば、100kgサイズのクマを砥ぎ直し無しで大まかに解体できてしまいます。
炭素鋼なので、ステンレスに比べて研ぎやすく初心者が刃の砥方を練習するのにも最適です。
コスパ・切れ味・軽量・使いやすい刃渡りの長さ…初心者からプロにまでオススメできる一振りですね。
【全長/刃渡り】218/104mm
【重さ】77g

オピネル ラウンドティップ ナイフ NO.7 ナチュラル 001696|ナイフ オンライン通販

https://www.amazon.co.jp/dp/B00ECY7WU6

子供でも使える、軽量なフォールディングナイフです。
100年を超える歴史があるフランスのナイフメーカー「オピネル」のアウトドアナイフシリーズ。
刃が適度に薄く、野菜や肉を切るだけでなく、栗を剥くのにも向いているようです。
刃渡り75mmと短めのため、果物ナイフ代わりに使うユーザーが多いようですね。
先端が丸くなっていて安全なので、キャンプでお子様に持たせても大丈夫でしょう。
【全長/刃渡り】175/75mm
【重さ】50g

 SPYDERCO(スパイダルコ) レディーバグIII ザイテル (ブラック(ストレート)): ホーム&キッチン

https://www.amazon.co.jp/dp/B00LWT6PES

軽量コンパクトで携帯性バツグンのフォールディングナイフです。
刃にはVG-10ステンレスを使用しており、強靭でサビにくいです。ハンドルにはボールチェーンが付いており、カバンやベルトに引っ掛けたり、落下防止機能があります。
箱から出した状態だと、やや刃付けが甘いようなので、出来れば適当なシャープナーで研いだ方が良いでしょう。
小さくて軽いので、メインナイフにプラスして、サブナイフとして選んでも良いかもしれませんね。
【全長/刃渡り】111/49mm
【重さ】18g

 ヘレ・ナイフ

https://www.amazon.co.jp/dp/B00VV4DKOW

農具に使う技術を活かして作られた、ノルウェー産のシースナイフです。
刃には「トリプルラミネートステンレススチール」を使用。性能としては炭素鋼には一歩劣りますが、鋭い切れ味とサビにくさを誇ります。
木製のハンドルは太めで、握ると手に馴染みやすくしっくり来るようになっています。
革製のケースが付属しており、軽さと相まってシースナイフながら携帯性にも優れています。
【全長/刃渡り】200/90mm
【重さ】88g

 OPINEL (オピネル) 001576 NO.8 アウトドア ブルー: スポーツ&アウトドア

https://www.amazon.co.jp/dp/B079CB3RX6

ホイッスルが付いたフォールディングナイフです。
ブレードは改良ステンレススチール「Sandvic12C27」を使用。剛性と切れ味はお墨付きです。根元3.5cm部分はギザ刃になっており、ロープのカットが可能。繋環抜き刃も付いており、何かと役立ちます。
ハンドルにホイッスル(SOS笛)があり、いざと言う時に110デシベルの音量で助けを呼べます。
ブルーカラーのアクセントも良いですね。
【全長/刃渡り】-/85mm
【重さ】-g

 モーラ・ナイフ Morakniv Companion Heavy Duty Black (ステンレス) |
モーラナイフ(Morakniv) | シースナイフ

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07M7LQFZR

肉厚で無骨なステンレスシースナイフです。
ステンレスブレードで、堅牢でサビにくいです。湿気に関係なく様々な環境で使用でき、多少の無茶も頑丈さゆえに問題なし。
切断も薪割りも引き剥がしも、これ1本。
刃付けが甘い場合は、初めに軽く革砥してあげれば良く切れるようになります。
鞘のクリップは抜けなくなるほど丈夫で、作りの頑健さが窺えます。
コスパが良く丈夫で軽量、手入れも楽でオススメの一振りです。
【全長/刃渡り】224/104mm
【重さ】104g

 オピネル ステンレス#9 41439 | オピネル(OPINEL) | フォールディングナイフ

https://www.amazon.co.jp/dp/B000UGYWVC

調理に丁度良い大きさのフォールディングナイフです。
刃には一般家庭の包丁と同じステンレススチールを使用し、サビにくく切りやすいです。
木製の柄は、オピネル創業から変わらない「持ちやすく手に馴染む」フォルム。水を含むと膨張してしまい、刃の出し入れが硬くなってしまいます。ヤスリで削るか、事前にオイルを含ませておくことで回避可能です。
アウトドアシーンで包丁がわりに気軽に使えるナイフをお探しの方にオススメです。
【全長/刃渡り】210/90mm
【重さ】-g

 ヘレ・ナイフ Helle knife Mandra

https://www.amazon.co.jp/dp/B00OBHQXMW

ノルウェー産の「ヘレ・ナイフ」シリーズのシースナイフです。
ブレードにはトリプルラミネートステンレススチールを使用し、頑健でサビにくい仕様。
全体的に小さめの作りで、軽量コンパクトで携帯性に優れています。手の小さい女性や子供の方が使いやすいモデルかもしれません。
ハードな作業に使うメインナイフではなく、ちょっとした皮剥ぎや獲物の解体などに使うサブナイフとして持ち歩くのが最適かと思います。
【全長/刃渡り】149/69mm
【重さ】70g

 Looking 折りたたみナイフ キャンプ ナイフ アウトドア ナイフ 折りたたみ 安全ロック設置 登山 サバイバル バタフライナイフ 魚 料理 釣り ステンレス製 フィッシングナイフ

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DR54YNE

とにかくコスパ重視!という方に向けたフォールディングナイフです。
折り畳み式ロックブレードで、ハンドルは滑り止め加工。柄にはカッターとミニハンマーが付いており、ロープカットや軽い打ち付けに使用可能です。
取り外し可能なフックも付いており、ベルトに装着可能。
買ってそのままだと刃の切れ味はイマイチですが、しっかり研げば問題ありません。
総じてコスパは良いアイテムと言えるでしょう。
【全長/刃渡り】228/98mm
【重さ】209g

 モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG | Morakniv(モーラナイフ) |

https://www.amazon.co.jp/dp/B009NZVZ3E

シースナイフ
オリーブ色のゴムハンドルが印象的なシースナイフです。
カーボンスチールのブレードで、切れ味はバツグンです。手入れを怠るとサビは浮くので、面倒な方はステンレスの方を選びましょう(切れ味はカーボンの方が良いです)。
プラスチックのシースが付属しており、100gの軽さから携帯性も良いと言えるでしょう。
握りやすく丈夫で、研げば良く切れる。コスパがかなり高いアイテムです。
【全長/刃渡り】224/104mm
【重さ】101g

 BUCK(バック) フォールディングハンターナイフ 110BRS レザーシース付 | Buck | フォールディングナイフ

https://www.amazon.co.jp/dp/B000EHYZKK

バックのフォールディングナイフです。
クラシカルな雰囲気と堅牢性で人気のアイテムです。
200gと、一般的なフォールディングナイフの2倍の重さがあります。その代わり刃は厚く丈夫で、鹿の解体などにも充分に使用できます。耐久性はお墨付きです。
研磨の具合にムラがあったり、全体にラフなナイフのため、細かい仕上がりが気になってしまう方には向かないナイフかもしれません。
【全長/刃渡り】219/95mm
【重さ】204g

アウトドアナイフを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

おすすめナイフ20選にお付き合い頂き、お疲れ様でした。
お気に入りの1本は見つかりましたか?
デザイン・切れ味・耐久性…そして各ナイフ特有の機能について、まとめてきました。
枝切りに、料理に、モノ作りに…アウトドアシーンでナイフが役に立つ場面は多いです。
あなたの使用シーンに合わせて、ピッタリの1本を選べると良いですね。

Pick Up

キャンプ・アウトドアにおすすめの焚火台20選 1

「焚き火台っていろんな種類があるけどどれを選べばいいの?」 最近野外でのレジャーとして再注目されているキャンプ。2020年の流行語大賞にも「ソロキャンプ」がノミネートされるなど、多くの人たちがキャンプ ...

キャンプ・アウトドアにおすすめの火起こし20選 2

火起こしってなに?どんな物?実際にどうやって使うの?ほとんどの人は火起こしと聞いて具体的なものが浮かぶ人は少ないとおもいます。 火起こしとは炭に着火する道具一般の事をいいます、マグネシウムの燃焼で火を ...

キャンプ・アウトドアにおすすめのシングルバーナー20選 3

「シングルバーナーって色々な種類があるけど結局どれがいいの?」 キャンプやツーリングの際に、料理やドリンクを温めたりと大活躍するバーナー。 いざ購入しようとしたものの、バーナーにもシングルバーナーやツ ...

-フィールドギア

© 2021 アウトドアハック おすすめキャンプ用品・ギアをご紹介