フィールドギア

おすすめフィールドギア20選

近年のアウトドアブームで、アウトドアに興味を持ち始めた人もいるのではないでしょうか。
これからアウトドアに役立つ商品を集めていこうと思っている方も多いはずです!

「初めてで何を買えばいいか分からない」「必要な道具って?」
そのような方のお役に少しでも立ちたいと思い、アウトドアハックがおすすめする「フィールドギア」を紹介します!

フィールドギアと言うとちょっと聞きなれないかもしれませんが、つまりはアウトドアに必要な道具ということです。
キャンプだったら、焚き火台とかストーブとかテントとか、釣りだったら釣り竿とか。
基本的にキャンプを中心に書いていきますが、皆さんの求めるアウトドアライフに沿ったものを選んでくださいね。

ここで相棒のフィールドギアを見つけて、最高のアウトドアライフを楽みましょう!

目次

フィールドギアが便利なシーンや役立つタイミング

フィールドギアの種類は様々ですが、ストーブや焚き火台などキャンプで暖を取ったり。灯りとして機能するもの、テントやシュラフのように宿泊に役立つものなどがあります。

ストーブ・・・テント内で使えば、家庭内のような温もりを感じられ、暖を取る以外にも、灯や調理にも使用できます。
かの有名なキャンプアニメでも調理に使用しているシーンがありました。

焚き火台・・・キャンプの必需品。暖房や調理、自然の灯として使用します。

テント・・・キャンプの必需品。借りることもできますが、自分のテントを持ってい      るとフリーのサイトで格安で使用することができます。

シュラフ・・・テントにじかに寝ることは避けたいので、宿泊する場合は必須です。
マミー型と封筒型があり、耐寒効果に差が出ます。

タープ・・・雨よけ、日よけに便利。タープがあると外に荷物を置いておいても大丈夫です。

レジャーシート・・・地面に座らなくていいですよね。
テーブルをロースタイルにするのなら必需品です。寝転がりた          いときや、星見キャンプにも最適です。
テーブル・・・料理を置いたり、本を読んだり、いろんな用途に使えます。
ハイスタイルとロースタイルがあります。

ワゴン・・・車からキャンプサイトまで重たいバーベキュー道具やキャンプ道具を運      ぶのに便利ですね。

 

他にも、キャンプ道具はありますが、それは、個人のスタイルによるので、自分のスタイルをイメージして探してみてください。

https://hinata-item.me/category/field_gear
2.フィールドギアを選ぶ際に見るべきポイント
フィールドギアを選ぶときに大切なポイントは「自分のスタイル」「機能性」「携帯性」です。今回はこの3点について解説していきます。

フィールドギアを選ぶ際に見るべきポイント

https://hinata-item.me/category/field_gear
2.フィールドギアを選ぶ際に見るべきポイント
フィールドギアを選ぶときに大切なポイントは「自分のスタイル」「機能性」「携帯性」です。今回はこの3点について解説していきます。

「自分のスタイル」は、自分のアウトドアスタイル、キャンプスタイルに沿ったモノを選ぶことです。デイキャンプであれば、シュラフまでは要りません。宿泊キャンプであれば、気温や天候も気にして、寝泊まりするための道具を揃えなければいけません。

「機能性」もかなり重要な要素になってきます。ストーブであれば、電池が要らない石油ストーブや二重構造で耐久性のある薪ストーブなど、同じストーブでも燃料や特徴が違ってくるのでスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

「携帯性」も重要です。移動手段にもよりますが、キャンプ道具はなるべくコンパクトで重くないものがおすすめです。

ぜひこれらの「自分のスタイル」「機能性」「携帯性」を確認して選ぶようにしてください!

おすすめのフィールドギア20選

ここからはいろんな企業から出ているフィールドギアの中でもおすすめの20選を紹介します。

先程の選ぶときの重要ポイントとして紹介した「自分のスタイル」や「機能性」、「携帯性」にも着目して紹介します。すべてAmazonで購入できるものになりますので、購入もしやすくなっています。

ぜひキャンプで使う相棒のフィールドギアを見つけてください。

肥後守 V金10号(VG10)ステンレス~Higonokami Knife VG10 | 肥後守

https://www.amazon.co.jp/dp/B07L4FWD3N

「切れ味抜群で錆にくい!」「半分に折れてコンパクト」

アウトドアにぴったりのサバイバルナイフです。
『V金10号鋼』という切れ味抜群で、錆に強いステンレスを使っており、水場のアウトドアでも長く使うことができます。

ただし、海辺など塩水では錆に強くても錆びることがあるので、きれいに洗って保管することを心がけてください。

サバイバルナイフは、料理をするときに便利なので、キャンプには必需品です。
機能性抜群のサバイバルナイフで、楽しいキャンプを実現させましょう!

HIKEMAN タープ 日焼け止め日覆い 3サイズ 1~2人用 3~5人用 5~10人用 超軽量 防水 多機能 | HIKEMAN

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQ8561W

「防水・防雪・UVカット」「サイズ様々」「デイキャンプにも」

日中の日焼け防止やテントの雨よけに丁度いいタープです。
必須というわけではありませんが、夏にはあった方がいいかもしれません。

3サイズあるので、ソロなのか、少人数なのか、大人数なのかで選ぶことができます。

ランプ掛けもあるので、便利ですね。

ただ、ポールが付属していないので、別途に用意する必要があります。

Aokeou キャリーワゴン 折りたたみキャリーカート 耐荷重100kg 大容量124L サイドポケットのデザイン 取り外し可能な布カバー 洗濯が便利です ワンタッチ収束式 4輪 特大タイヤ 全地形対応 アウトドア キャンプ レジャー BBQ 運動会アウトドアワゴン | Aokeou

https://www.amazon.co.jp/dp/B08KD93975

「どのような地面でも快適に!」「簡単組み立て・省スペース」「車で移動」

キャンプ道具の持ち運びに便利なワゴンです。
車でキャンプ場まで行き、たくさんあるキャンプ道具を手軽にキャンプサイトまで持っていくのに使えます。

大容量なのに、簡単組み立てで、収納も省スペースで済みます。
キャンプ以外にも、山や海でのバーベキュー、運動会にまで使えるので、あると良いのではないでしょうか。

キャンプスタイル(campstyle)マルチコンテナボックス 大容量ギアコンテナバッグ キャンプ アウトドア 収納ボックス 60L| campstyle

https://www.amazon.co.jp/dp/B08N3XW6FW

「大容量」「通気性に優れたメッシュポケット」「コンパクトに畳める」

キャンプ道具の持ち運びに便利なバッグです。
デザインが迷彩柄でオシャレ、スマホなどの小物の収納に便利なメッシュポケットもついています。
コンパクトに畳めるので、使用しないときは小さく畳んで入れておけます。

MAULBEERE (マルビーレ) FOLDING TABLE アウトドア キャリーワゴン用 折り畳みテーブル アースグレー(汎用) [ アウトドアワゴンテーブル ワゴン キャリーカート アウトドアワゴン用 テーブル ] OA001-03 03.アースグレー

https://www.amazon.co.jp/dp/B087769S48

「超軽量」「様々なワゴンと組み合わせ可能」「車移動」

汎用性の高いワゴンテーブルです。
料理を並べたり、ウォータージャグ置き場として、また、テーブルの下は紫外線や地熱の影響を受けにくいので、クーラーボックスを置いたりもできます。

重量が1.6㎏と超軽量で、持ち運びが楽です。

VICTORINOX(ビクトリノックス) ナイフ ハイキング 登山 クライマー 1.3703 (旧名称:トラベラー)【国内正規品保証付】 | VICTORINOX(ビクトリノックス)

https://www.amazon.co.jp/dp/B00004YVBA

「多機能」「コンパクト」「どんな場合にも便利」

多機能サバイバルナイフです。
大小ナイフ、缶切り、栓抜き、コルク抜き、はさみがついています。

これ一つあれば、たいていの事は出来ますね。

少し出し入れが固いようなので、オイルを使うと良いと思います。

Moon Lence キャンプ テーブル アルミ ロールテーブル アウトドア ハイキング BBQ 折りたたみ式 コンパクト 超軽量…| MOON LENCE

https://www.amazon.co.jp/dp/B07HMK65YG

「耐久性が高く汚れや傷に強い!」「専用収納バッグ付きで持ち運び抜群」

キャンプやバーベキューに最適なアウトドアテーブルです。
30㎏までモノを置くことができます。

別売りのランタンハンガーや天板を使うと、さらに多くのキャンプスタイルを楽しめます。

[HAWK GEAR(ホークギア)] バックパック 80L 大容量 防水 アウトドア 防災 災害 登山 旅行 (コヨーテ) |ワールドスポーツオンライン

https://www.amazon.co.jp/dp/B08463DV7Z

「たくさん入る80L」「レインカバー付きで水に強い!」「登山はリュックの方がいい」

様々なアウトドアで活躍してくれること間違いなしです。もともと防水素材になのにもかかわらず、レインカバー付きという優れモノ。

快適な背負い心地を実現するため、独自の背面システムを採用しています。重い荷物を持っても疲れにくいため、登山などにも最適です。

ただし、縫い目が弱いようで、その辺りは気にした方がいいかもしれません。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル56×182cm M-3318 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

https://www.amazon.co.jp/dp/B00131UMUI

「保温性とクッション性で寒い夜も暖かい!」「半分に折って枕にも!」「コンパクト」

折りたたみ式でコンパクトに収納できるので、とても便利です。
アウトドアだけでなく、家でもヨガマットや来客用マットとして使えるので、多用途で買っても無駄になりません。

ただ、使っているとクッションが弱くなってくるようなので、1年くらいを寿命とみておいた方がいいかもしれません。

冬以外の3シーズンであれば、丁度いいと思います。

Juza Field Gear Em-Shelter II/エム・シェルター2 新世代ツェルト 2~4人用 245g | JuzaField Gear(ジュウザ・フィールドギア)

https://www.amazon.co.jp/dp/B017WV0U7C

「登山に最適」「雨、雪も大丈夫!」

お湯を沸かしたり、着替えたりなどのスペースがあります。
また、4人まで入ることができ、何かあったときの避難シェルターとして用意しておくとよいでしょう。

適当に丸めてもコンパクトになるので、アウトドアだけでなく、災害時などにも最適です。

一家に1つあるといいかもしれません。

Juza Field Gear Em-Shelter II/エム・シェルター2 新世代ツェルト 2~4人用 245g | JuzaField Gear(ジュウザ・フィールドギア)

https://www.amazon.co.jp/dp/B017WV0U7C

「登山に最適」「雨、雪も大丈夫!」「コンパクト」

お湯を沸かしたり、着替えたりなどのスペースがあります。
また、4人まで入ることができ、何かあったときの避難シェルターとして用意しておくとよいでしょう。

適当に丸めてもコンパクトになるので、アウトドアだけでなく、災害時などにも最適です。

透湿性に優れており、結露を防ぎます。

ロゴス(LOGOS) たき火台シート 81064021 | ロゴス(LOGOS)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBTSDZ5

「500℃でもOK!」「芝生やウッドデッキでも安心」「どこでもOK、ソロメイン」

バーベキューやキャンプに大活躍です。

必ず必須というわけではありませんが、焚き火の火の粉や灰を芝生やウッドデッキ、テーブルなどに直接落ちるのを防いでくれます。固定もできるので、寄れたりする心配もありません。

それでも、直火禁止のサイトでは焚き火はしないほうがいいでしょう。

芝生やウッドデッキに落ちてしまうと、危ないので、予算オーバーでなければ、買っておくと良いですね。

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント 170-7065 | コールマン(Coleman)

https://www.amazon.co.jp/dp/B000A1LE86

「上で料理もできる!」「別途にコンロ必須」「コンパクト」

直火禁止のキャンプ場などで役立ちます!
家庭用ストーブのような温もりを得ることができます。

テント内では焚き火は危ないので、テント内の暖取りに丁度よく、普通のストーブよりもオシャレ空間を演出できるのではないでしょうか。

昼は焚き火、夜は遠赤ヒーターと二つ使いでも良いですね。

Moon Lence アウトドアチェア 折りたたみ コンパクト 超軽量 キャンプ椅子 イス 収納バッグ付き ハイキング お釣り 登山| MOON LENCE

https://www.amazon.co.jp/dp/B0788J8XHT

「軽量・コンパクト」「組み立てやすい」「座り心地最高」「キャンプも」

様々なアウトドアで活躍してくれるアウトドアチェアです。
900グラムでとても軽量、折りたたむとコンパクトになるので、長距離の移動でも大丈夫です。

アルミ合金を使用しており、強度はとてもいいです。

両サイドに小物ポケットが付属しており、とても機能的、その割に安価なので、買いだと思います!

Solo Stove 【ソロストーブ】 ソロストーブ・タイタン Titan | Solo Stove(ソロ ストーブ)

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DBYT9BI

「コンパクト」「2次燃焼」「湯沸かし」「ソロキャン」

ベテランキャンパーの間で、今流行っている薪ストーブです。
少し大きめですが、持ち運びには問題ありません。

少し慣れてきたときの、ソロキャンプなら断然これをおすすめします。

特許も取得した、独自構造で、高い燃焼効率を生み出しています。
結構な勢いで燃えるので、薪も思っているよりもたくさん必要になりそうです。

例の松ぼっくりを着火剤にできます。(小ぶり二個ぐらい。そのうち声が聞こえるようになるかもしれません)

お湯を沸かすこともできます。カレーめんがおいしく食べられますよ!

スノーピーク(snow peak) テーブル オゼン ライト [登山用] | スノーピーク(snow peak)

https://www.amazon.co.jp/dp/B018XJYI1G

「コンパクトなA4サイズ」「簡単組み立て」「ソロキャン」

流石のスノーピーク、作りもしっかりとしており、安定性・耐久性が抜群、ソロキャンに便利なローテーブルです。
値段が少し張るのが迷いどころですが、ソロキャンプのローテーブルならぜひ購入して欲しい商品です。

組み立ては基本的に簡単にできますが、天板の向きなどが分かりにくい人もいるようで、
不安な人は、YouTubeなどで確認すると良いのではないでしょうか。

 

[SENGOKU ALADDIN(センゴクアラジン)] SAG-SQ01 ポータブルガスストーブ シルバークイーンSAG-SQ01(K) | aladdin アラジン

https://www.amazon.co.jp/dp/B08NDLW1VF

「直ぐに暖まれる!」「広範囲が暖かい」「テント内でも危なくない!」

コンパクトな石油ストーブです。
簡単に暖を取れるので、アウトドア初心者の方におすすめです。

弱で7時間ほど、弱でも十分暖かいです。

TRIWONDER 多機能 タープ天幕 グランドシート 防水シート 軽量小型 テントシート キャンプマット 収納袋付き「大人数用の小型レジャーシート」「防水、防湿性」「持ち運びが楽」

https://www.amazon.co.jp/dp/B01G0BGJ0W

多様な使い方が可能な、レジャーシートです。
ブランケットにも出来るほど大きく、大人数での使用に向いています。

持ち運びは楽ですが、カバンに入るほどコンパクトではないですね。

ピクニックや星見などに最適な大きさでしょう。

neo smart 耐熱 グローブ 本革【アウトドアが楽しくなるグローブ】キャンプ用品 革手袋 bbq 薪ストーブ 焚き火 |neo smart

https://www.amazon.co.jp/dp/B07RPHPBN5

「キャンプ料理の必需品」「火に強い!」「丈夫なので薪の取り扱いにもいい」

革手袋なので、細かい作業には向いていませんが、木材を触るときや料理をする時などには良いかもしれないです。

キャンプ料理はキャンプの醍醐味の一つです。某キャンプアニメも流行ったので、チャレンジしたい人もいるのではないでしょうか。

焚き火台やダッチオーブン、薪ストーブなどを安全に使用し、キャンプを最大限に楽しむためにも、ぜひ検討してみてください。

ベルモント(Belmont) PI 雪ッ子チャンカンジキ |

https://www.amazon.co.jp/dp/B000AQW9L2

「雪でも滑りにくい」「泥OK」

雪ハイキングなら丁度いい感じです。雪山のトレッキングにはあまり向いていません。

トレッキングシューズに取り付けるのは少し難しいですが、慣れれば大丈夫です。
広面積で、雪の中を歩いても、はまることはないと思いがちですが、陥没することはあるので気を付けてください。

フィールドギアを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

フィールドギアは、それぞれに個性があります。多くの企業が、様々な製品を販売して市場で競っている中で自分に合ったギアを選ぶのは、容易いことではありません。

自分にはどういったものが必要かは、いろんな人のキャンプ体験記事や動画を参考にして、イメージを固めることをおすすめします。

ここでは、買っておくと便利なおすすめのフィールドギアを紹介してきました。
買いたいと思ってもなかなか手が出るものでもないので、イメージを固めた後は、
まず手始めに、このサイトで紹介したギアの中で、自分のスタイルに合ったものを購入してみましょう。

Amazonの購入サイトでもレビューを書いてくれている人が多いので、実際に買った人の意見を参考にして、見た目や説明だけでは分からないところもしっかりと調べてから購入するようにしましょう。

これを機に、忙しい毎日から少し離れて、癒しのひと時を楽しみましょう。

Pick Up

キャンプ・アウトドアにおすすめの焚火台20選 1

「焚き火台っていろんな種類があるけどどれを選べばいいの?」 最近野外でのレジャーとして再注目されているキャンプ。2020年の流行語大賞にも「ソロキャンプ」がノミネートされるなど、多くの人たちがキャンプ ...

キャンプ・アウトドアにおすすめの火起こし20選 2

火起こしってなに?どんな物?実際にどうやって使うの?ほとんどの人は火起こしと聞いて具体的なものが浮かぶ人は少ないとおもいます。 火起こしとは炭に着火する道具一般の事をいいます、マグネシウムの燃焼で火を ...

キャンプ・アウトドアにおすすめのシングルバーナー20選 3

「シングルバーナーって色々な種類があるけど結局どれがいいの?」 キャンプやツーリングの際に、料理やドリンクを温めたりと大活躍するバーナー。 いざ購入しようとしたものの、バーナーにもシングルバーナーやツ ...

-フィールドギア

© 2021 アウトドアハック おすすめキャンプ用品・ギアをご紹介