テント・タープ

おすすめタープ20選

強い日差しを遮って雨風をしのいでくれるタープは、屋外でのキャンプやバーベキューに欠かせないアウトドア用品です。
一般にキャンプというと「テント」をメインにしてイメージしますが、実はタープ選びってすごく重要なんです。
でもタープって種類がたくさんあってどれを選んでいいのか迷いますよね?
今回は、タープを選ぶ時のポイントを整理しながら、おすすめのタープについて紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

目次

タープが便利なシーンや役立つタイミング

タープはテントのように設営に時間がかからず、種類によっては一人でも簡単に設置できます。
そのため、暑い日にとにかく日陰が欲しいときや急な雨に見舞われたときにとても便利で役に立ちますし、もちろん私たちの人体だけでなく、大事なキャンプ用品もしっかり守ってくれます。
また、タープを設置する目的の一つが「快適な居住空間の確保」ですが、キャンプサイトを一つの家に見立てたとき、テントは寝室となり、タープはリビングとなります。
寝室もリビングもどちらも大切ですが、やっぱりキャンプは寝ることよりも寝るまでの時間を楽しみたいですよね。
焚火を見ながらタープの下でみんなと一緒に語らい、食事を楽しむことがキャンプの一番の醍醐味ではないでしょうか。
そのために大切なのがタープ選びです。
快適な空間で楽しい時間を過ごすために、どのようなタープを選べばいいのか、チェックすべきポイントについて解説します。

タープを選ぶ際に見るべきポイント

タープにはポールとロープで自立させるオープンタイプや、フレームを広げるだけで設営できる自立タイプ、またテントのようなシェルタータイプ等の種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、どのようなスタイルのキャンプを目指すのか、どのようなシーンでの使用を考えているのかで、選択することになります。
サイズは、メーカーによっては使用人数の目安が記載されていますし、記載がない場合はタープを広げたときの大きさや高さをイメージして人数に合わせて適切なサイズを選ぶようにしましょう。迷ったら、大きめのサイズを選んでおけば間違いはないでしょう。
また、生地の材質、収納・持ち運びのしやすさ、オプション品(ポールやペグ、ハンマー等)の性能も重要なポイントです。特にペグやハンマーは標準品ですと壊れやすいものが多いので注意が必要です。
そして何よりも大切なのは、自分の好きな見た目のものを選ぶということです。あなたのキャンプサイトのメインに配置されるタープは、そのまま、あなたの個性となります。
最も多くの時間を過ごすタープなので、愛着の湧くデザインを選ぶことが大切です。

おすすめタープ20選

それでは、ここからは数あるタープの中から、キャンプで大活躍間違いなしの特におすすめしたい「おすすめタープ20選」を紹介していきます。
種類がたくさんあって迷うかもしれませんが、見るべきポイントをチェックしながらひとつひとつ見ていきましょう!

スノーピーク(snow peak) タープ/R ランドステーション L TP-820 [6-8人用] | スノーピーク(snow peak) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QEN9ANU

スノーピークのランドステーションLはグループやファミリーで使用できる6~8人用のオープンタイプのタープです。
折り紙のような特殊構造になっており、オプションパネルを使って各パネルを開閉させることにより、多くのセッティングバリエーションを実現できます。
生地の材質には遮光ピグメントPUというシールド加工が施してあるため、より濃い影を落とすことができ、体感温度を下げる効果があります。
天候や人数、スタイルに応じて自由にアレンジできるランドステーションLはキャンプサイトのメインリビングとしてグループやファミリーのキャンプにぴったりのアイテムです。

コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621 | コールマン(Coleman) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B01ACTLNGS

コールマンのXPヘキサタープMDXはオープンタイのオーソドックスなヘキサ(六角形)タープで、メインのクロスポールを立てることでほぼ完成する簡単設営が一番の魅力のアイテムです。
また、クロスポールの幅を広げることにより高さも調整することができ、標準装備されているサイドポールを組み合わせることにより様々なバリエーションで設営できるのも大きなポイントです。
生地には紫外線をカットするUVPROやPU防水という防水加工が施されています。
XPヘキサタープMDXは、簡単に設営できて、オープンタイプの広さや開放感を味わえるというおすすめのタープです。

 ロゴス(LOGOS) タープ ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE 高さ調整可能 ナバホシリーズ連結可能 | ロゴス(LOGOS) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QVMFXJO

ロゴスのナバホTepeeブリッジヘキサは左右非対称のおしゃれな外観が特徴のオープンタイプのヘキサタープです。
同じロゴスのTepeeテントシリーズと連結して広いリビングスペースを確保できるのが特徴です。
また、付属のキャノピーポールの継ぎ数を増減して好みの高さに調整することにより、最大約570×435cmの日陰スペースを確保することができます。
生地には、万一火の粉が付着しても燃え上がらない「CPAI-84」に適合する他、UVカット加工、撥水加工、雨の染み込みを防止するシームテープ加工が施されているのでタフに使うことができます。

 ロゴス タープ Qセットパイピングタープ 200-N 71661009 | ロゴス(LOGOS)| タープ

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HXFWU9I

ロゴスのタープQセットパイピングタープは脚部の長さをプッシュボタンで調整できる自立タイプのタープです。
なんといってもポイントは一体型のポールを開いてシートをかぶせるだけで設営できるという手軽さです。
生地の色は明るいグリーンですが、UVカット加工が施され、断熱効果もありますので日差しの強い日にぴったりです。
設営に時間をかけたくないデイキャンプだけでなく、運動会や屋外でのスポーツイベント等、あらゆるシーンで活用することができるアイテムです。

 コールマン(Coleman) タープ スクエアタープDX 2000028617 | コールマン(Coleman) | タープ

https://www.amazon.co.jp/dp/B01ACTLM9Q

コールマンのスクエアタープDXは、その名の通り四角形のオープンタイプのタープです。
使用時は約550×400×250(h)cmと、とにかくサイズが大きく、広い居住空間を確保することができるので、グループやファミリーでのキャンプにぴったりです。
またサイドポールが4本標準装備されているのも嬉しいポイントです。サイドポールの使い方によって色々なアレンジを楽しむことができます。
紫外線に強いUVPRO加工やPU防水加工、雨の染み込みを防ぐシームシール加工が施されているので、タープとしての機能もばっちりです。

 ロゴス(LOGOS) タープ neos ドームFITヘキサ 4443-N ヘキサゴン型 耐風性 UVカット加工 | ロゴス(LOGOS) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B00HYTEISK

次に紹介するのは、ロゴスのオープンタイプのヘキサタープ、neosドームFITヘキサ4443-Nです。
シャープでカッコいい形状のタープですが、耐風性に優れ、難燃性基準「CPAI-84」に適合、UVカット加工、撥水加工など、機能面も申し分ありません。
特徴的なサイドのアーチ状のデザインは、別売のテントとフィットするようにデザインされており、小型ですが2~3人での使用でしたら十分な日陰スペースを確保することができます。

 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント タープ サンシェルター オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B000AR4T0A

キャプテンスタッグのサンシェルターオルディナヘキサタープセットM-3167はリーズナブルなスタンダードサイズのオープンタイプのヘキサタープです。4~6人での使用に適しています。

別売のポールを使用することにより、様々なバリエーションのセッティングが可能です。

素材に紫外線95%カットのUV-PROTECTION生地を使用し、縫い目からの雨の染み込みを防ぐシームレス加工も施されているなど、機能面にもこだわっています。
ただし、ペグがプラスチック製なのでキャンプサイトの地面の固さによっては刺さりにくいことがあります。ペグやハンマーは別途用意していただく方が賢明かもしれません。

 DOPPELGANGER OUTDOOR アウトドア ヘキサタープ 耐水 UVカット | DOD(ディーオーディー) | タープ

https://www.amazon.co.jp/dp/B01G8LFGQW

カラフルなDODのヘキサタープは、キャンプサイトや野外フェスで注目をあびるカラフルなデザインのタープです。
形状はオーソドックスなヘキサ型ですが、タープポールを追加することで自由に形を変えることができます。
高さが200cmと低めなので、ロースタイルのキャンプでないと使いにくいので注意が必要です。
テントが乱立するようなキャンプ場でも自分のサイトがどこにあるかすぐにわかるという個性的なデザインが一番の魅力です。見た目のカッコよさもキャンプを楽しむ一つの要素ですので、そういった方にはおすすめしたいアイテムです。

 [ロゴス] LOGOS キャンプ グランベーシック BIG オクタゴン タープ -AG 71808021 | ロゴス(LOGOS) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MR7BFOA

ベージュ一色のカラーリングがシンプルで美しいロゴスのグランベーシックBIGオクタゴンタープを紹介します。
オープンタイプのタープで形状は珍しいオクタゴン(八角形)ですが、正八角形ではなく、アイデア次第で多彩なレイアウトを楽しむことができる変形八角形であるというところが大きなポイントです。
ポールで高さを調整することができるため、ハイスタイルでもロースタイルでも使用でき、別売のポールを追加することで、さらにさらに多彩なアレンジを楽しむことがきます。
アレンジを考えるだけでワクワクできるロゴスのオクタゴンタープはサイズも大きく場所も選ばないデザインですので様々なシーンで活躍すること間違いなしです。
https://www.shop-orange.info/c/brand/b-l/gr33/lgs71805548

 スノーピーク(snow peak) テント カヤード セット (アルミペグ、ロープ、スチールポール 付属) TP-400S | スノーピーク(snow peak) | テント本体"

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QEN6L3W

こちらのアイテムはテントと名が付いていますが、スノーピークのタープ、カヤードTP-400とアルミペグ、ロープ、スチールポールのセットとなっています。
これまで紹介してきたタープと少し形状が違うのが特徴的ですが、基本的にはオープンタイプのタープの構造です。
「2本のポールで立てるヘキサタープのそれぞれのサイドにメッシュが付いている」というと分かりやすいかもしれません。
メッシュはそれぞれ巻き上げることができるのでオーソドックスなヘキサタープとして使用することもできますし、オプションのパネルをセットすると完全なプライベート空間も作ることができるなど、多彩な使い方ができます。
生地は撥水、防水、UVカット等、基本的な機能を有しており、基本構造はタープなので設営も簡単です。

 コールマン(Coleman) タープ イージーキャノピーレクタ 450 2000027294 | コールマン(Coleman) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B01AS5EBV0

コールマンのイージーキャノピーレクタ450は自立タイプのレクタ(スクエア)タープです。組立式なので一人でも設営することができます。
高さが二段階に調整できるのでハイスタイル、ロースタイルに合わせることができる他「スクエア型の自立タイプで幅450cm」というスペックが示す通り、とても広い空間を確保することができるので、大人数グループでのキャンプやチームでの利用にも適しています。
生地の材質は他のコールマン製品と同じようにUVPRO、PU防水、シームシールに対応しています。

 DOD(ディーオーディー) イレブンベース 約11畳 大型 スクリーンタープ ナチュラルシリーズ TT10-472 | DOD(ディーオーディー) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B01ISOK6XK

DODのイレブンベースTT-472はなんといっても大人数で使用できる約11畳の広さが魅力の製品です。オープンタイプでも自立タイプでもなく、テントのようなシェルタータイプの構造になっています。
出入りができる6面はすべてメッシュにしたりフルクローズにしたりできますので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
生地は耐水圧2000mmでUVカット加工も施されています。また、生地の下から風や虫が入り込むのを防ぐためにスカート生地が付いているのもうれしいポイントです。
夏はメッシュにして快適に、冬はフルクローズで暖かく、プライバシーを保ってテントのように使用することもできるイレブンベースは大人数グループでのキャンプにぴったりのアイテムです。

 スノーピーク(snow peak) タープ HDタープ シールド レクタ M TP-741 [6人用] | スノーピーク(snow peak) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B000FUU5ZK

スノーピークのHDタープシールドレクタMは6人用オープンタイプのレクタ(スクエア)タープです。
2本のメインポールと4本のサイドポールで設営するのが基本ですが、ポールをセットするポジションをアレンジすることにより、豊富なバリエーションを楽しむことができます。
生地は、耐水圧3,000mmミニマム、UVカット加工、テフロン撥水加工と申し分ありません。ちなみに耐水圧の「3,000mmミニマム」とは、生地のどの1点を測定しても最低耐水圧が3,000mmということで、スノーピークの品質へのこだわりが感じられます。
このアイテムにはポール、ハンマー、ペグが含まれていません。別途購入していただく必要がありますのでご注意ください。

 スノーピーク(snow peak) テント タープ トルテュ ライト TP-750 [4人用] | スノーピーク(snow peak) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B00IADMHBO

スノーピークのドルテュライトTP-750はテントとタープが一体になったファミリーオールインワンシェルターです。4人家族での使用を想定しています。
今までのタープとは違い、インナーテントが付属していますが、このインナーテントは取り外しが可能ですので、テントを外してタープとして広く使うこともできます。
生地の性能は部位によって異なりますが、例えばルーフ部では耐水圧3,000mmミニマム、テフロン撥水加工、UVカット加工となっています。
これからキャンプを始めるので、タープだけではなくテントも欲しいという方にはこういったタイプも選択肢になります。
このオールインワンのシェルターでしたら寝室とリビングの機能が備わっているので、これ一つで快適なキャンプが実現できます。キャンプのエントリーユーザー様におすすめのアイテムです。

 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント タープ サンシェルター 虫よけ CS ヘキサメッシュ タープ UVM-3150 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) |タープ"

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B001OI23MU

キャプテンスタッグのサンシェルター虫よけCSヘキサメッシュタープUVM-3150はオープンタイプのヘキサタープです。ヘキサタープの周りを1mmの虫よけメッシュが囲んでいる構造となっています。
効果抜群の虫よけメッシュは通気性も良く、虫嫌いなキャンパーにとっては必須の機能です。ちなみにメッシュを取り外すことはできませんが、上に巻き上げることはできますので使わない時は巻き上げておくといいでしょう。
生地はPU防水、UVカット加工が施されています。
ファミリーでのキャンプを楽しむ時期はどうしても虫が多い夏休みに偏ってしまいます。快適なキャンプのためにひとつの選択肢になる製品です。

 コールマン(Coleman) タープ ヘキサライト2 2000028618 | コールマン(Coleman) | タープ

https://www.amazon.co.jp/dp/B01ACTLQ7O

コールマンのヘキサライト2はオーソドックスなオープンタイプのヘキサタープです。
写真によっては黒×グリーンに見えますが、実際は茶色×グリーン(コールマンカラー)のカラーリングになりますので注意が必要です。
サイズはそれほど大きくないので、ソロキャンプやペアでのキャンプなどでの使用をおすすめします。2人ならゆったりと使える大きさです。
生地はUVPRO、PU防水、シームシールと、いわゆるコールマンのタープでの標準的な機能を備えています。

 スノーピーク(snow peak) タープ ライトタープ ポンタ シールド STP-360 [1-2人用] | スノーピーク(snow peak) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B000FUU61S

スノーピークのライトタープポンタシールドSTP-360は1~2人用の小型レクタ(スクエア)タープです。
付属の2本のポールの高さや位置をアレンジすることにより、多彩なセッティングバリエーションを楽しむことができます。
ポイントは、小さくてコンパクトという点です。1~2人でのキャンプはもちろん、ちょっと遊びに出かけるときに持っていくと、日除けとして使えるのでとても便利です。
こちらの製品はポールが別売なので、その点はご注意ください。
https://www.yodobashi.com/product/100000001001608693/

 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント タープ サンシェルター ラニーメッシュ [6人用]M-8717 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B000BSCC84

キャプテンスタッグのサンシェルタータニーメッシュM-8717は6人用オープンタイプのスクエアタープです。
通気性がよく、虫の侵入を防ぐメッシュで全面を覆った形状になっていますが、このメッシュは全面巻き上げることができ、すべて巻き上げると開放的なスクエアタープになるなど、シチュエーションにあわせて多彩なバリエーションを展開することができます。
6人で無理なく使える大きさも魅力の一つで、大人数のグループでのキャンプのメインリビングとして使うことができます。
生地に、強い日差しを反射し、防水性に優れたシルバーコーティングを施しているのもポイントです。

 スノーピーク(snow peak) タープ ランドベース 6 TP-606 [6人用] | スノーピーク(snow peak) | タープ"

https://www.amazon.co.jp/dp/B00HI5DAZW

スノーピークのランドベース6は6人用のシェルタータイプのタープです。6本のポールで自立した六角形のルーフから全方位にワイドにパネルが広がる構造となっており、中は広大なスペースが広がります。
専用のインナーテントを最大5張セットできるのでグループキャンプに最適です。
入り口となるパネルは跳ね上げまたはフルクローズに、またメッシュパネルもフルクローズにすることができます。
ポールやインナーテント、またその他グランドシートなどは別売となっていますのでご注意ください。

 ロゴス タープ ナバホラウンドタープ 71806504 | ロゴス(LOGOS) | タープ

https://www.amazon.co.jp/dp/B00HST9QP6

最後に紹介するのは、外観のナバホ柄がおしゃれなロゴスのナバホラウンドタープです。フルクローズ、フルメッシュ、オープン等のアレンジができるシェルタータイプのタープです。
生地は耐水圧1,600mm、UVカット加工、撥水加工と基本性能は問題ありません。
高さが140cmですので、ロースタイルでの使用に最適で、キャンプの他、フェスや運動会などでも活躍するでしょう。しゃがんだ状態で大人4人まで使用することができます。

タープを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

いかがでしたでしょうか。お気に入りのタープは見つかりましたか?それとも余計に迷ってしまったでしょうか?
機能や形状、大きさも様々ですが、自分のスタイルに合ったタープとなると選択肢はギュッと絞り込まれてきます。
まずはあなたの理想のキャンプスタイルをイメージして、それに合う愛着の湧くタープを選び、快適で楽しいキャンプを楽しんでください。

Pick Up

キャンプ・アウトドアにおすすめの焚火台20選 1

「焚き火台っていろんな種類があるけどどれを選べばいいの?」 最近野外でのレジャーとして再注目されているキャンプ。2020年の流行語大賞にも「ソロキャンプ」がノミネートされるなど、多くの人たちがキャンプ ...

キャンプ・アウトドアにおすすめの火起こし20選 2

火起こしってなに?どんな物?実際にどうやって使うの?ほとんどの人は火起こしと聞いて具体的なものが浮かぶ人は少ないとおもいます。 火起こしとは炭に着火する道具一般の事をいいます、マグネシウムの燃焼で火を ...

キャンプ・アウトドアにおすすめのシングルバーナー20選 3

「シングルバーナーって色々な種類があるけど結局どれがいいの?」 キャンプやツーリングの際に、料理やドリンクを温めたりと大活躍するバーナー。 いざ購入しようとしたものの、バーナーにもシングルバーナーやツ ...

-テント・タープ

© 2021 アウトドアハック おすすめキャンプ用品・ギアをご紹介